書評

【書評】秒で見抜くスナップジャッジメントは具体例が多く日常生活に活かしやすい!

日常生活を送る中で、対人関係を避けることはできません。

その中であなたは一度は考えた事があるのではないでしょうか?

  • 相手が何を考えているのか知りたい!
  • 相手の心の中を見たい!
  • この人の本性を暴きたい

もし、一度でも考えたことがある場合、本書「秒で見抜く~スナップジャッジメント」が役に立つことでしょう。

メンタリストDaiGoさんがエビデンスベースで相手の見抜き方を書いています。

本書の構成は大まかに分けると5つ。

 

  1. 能力の見分け方
  2. 性格の見分け方
  3. 嘘の見抜き方
  4. パートナーの見抜き方
  5. ヤバイやつの見抜き方

スナップジャッジメント主張を要約

秒で見抜くスナップジャッジメントで書かれている内容はとてもシンプル。

本書の内容を超簡単にまとめると

『人は誰しも人を見抜くセンサーが備わっていて、そのセンサーをフル活用するための方法が書いてあります。』

という感じです。

人を見抜くためにみんなが誤解している事が3点挙げてあります。

そして、人を見抜くセンサーはどんどん鍛えられるのでその方法が本書には書いてあります。

スナップジャッジメントでの発見3つ

スナップジャッジメントを読んで僕が得られた気づきは3つあります。

  1. 無意識が役立つ
  2. ヒントは転がっている
  3. 見抜く能力は鍛えられる

無意識が役立つ

いわゆる直感。

人を見抜くときに、自分が持っている直感が思いのほか、役立つと書かれていました。

本書スナップジャッジメントを読む前までは「パット見で人を判断してはいけない」と感じていましたが、その常識が崩れたのは衝撃的でした。

人には元来、人を見抜く能力が備わってきたと主張していました。

社会生活を送る中で嘘を見抜くことができなければ、嘘つきにだけ有利な世界となってしまい生き残りづらくなったため、自己防衛のためにも嘘や性格見抜くセンサーが発達してきたとのこと。

ヒントは転がっている

人のことを見抜くセンサーが備わっているのに、なかなか人を見抜くことができないのは、センサーをフル活用できていないから。

そのため、スナップジャッジメントでは日常生活であなたが持っている人を見抜くセンサーをフル発揮するためのヒントが書かれています。

「人を見抜くときに、どこに注目スべきか」が数多くの事例と共に書かれているので、すぐに自分の生活に取り入れやすくなっています。

コーヒー

一例を挙げると、コーヒーの好みから性格を見抜ける例です。

ブラックコーヒーが好きな人の特徴

  • 効率的
  • シンプル思考
  • 保守的
  • 変化に抵抗する
  • 上から目線

カフェオレが好きな人の特徴

  • 自己犠牲が強い
  • お人好し
  • 快楽主義
  • 時間に寛容

 

あくまで傾向のため、絶対に当てはまるわけではありませんが、あなたの身の回りの人物を思い浮かべながら当てはめていただくとあながち間違っているわけではないと思います。

ちなみに、ぼくの身の回りにすごくお人好しの人がいるのですが、必ずカフェオレを飲んでいます。

見抜く能力は鍛えられる

スナップジャッジメントは具体例をたくさん書いていますが、本書の最後では見抜く能力を鍛えるための8週間トレーニングが書かれています。

そもそも、本書を読んでいても「自分には難しいかもしれない」と感じてしまう人もいるかも知れませんが、そういった人も含めて見抜く能力を鍛える方法が載せてあるのでしょう。

8週間トレーニングに取り組むことでより高精度で相手を見抜く能力を鍛えることが期待できるので、一生モノのスキルを身につけられると考えても良いかもしれませんね。

誰でもできるような簡単なトレーニングなので、取り組みやすいです!

他人に興味があるなら買い

身近な人が何を考えているのか知ることができたら、人生が大きく有利になるのは間違い無いでしょう。

もちろん、スナップジャッジメントに書かれている内容が100%正しいわけではないので、全部が役に立つとは断言できません。

しかしながら

  • 「友達の心が知りたい」
  • 「気になる異性の脈ありサインが知りたい」
  • 「ヤバい奴なのか見抜きたい」

こういった事を少しでも感じているならば、見抜くためのヒントがスナップジャッジメントには書かれています。