恋愛

口説けない女性に男が惹かれていく理由は自分の評価が関係していた?!

女性を口説くことになれている男性。

しかし、世の全ての女性を口説き落とせるわけではありません。

目の前に美女やタイプの女性が現れた場合、実際に行動をするかどうかは別として、男なら誰しも「口説きたい」「付き合いたい」などの、ポジティブな反応を示すのではないでしょうか。

行動的な男性の場合は目の前の女性を口説き落とそうとしますが、もし、成功しなかった場合、更にヒートアップする事もあります。

高嶺の花だからこそ、手に入れたい!

という男性心理が働いています。

手に入りづらいものほどほしい!

男性は「手に入りづらいものほど手に入れたい」という心理があります。

なので、美人な女性と付き合いたいと思っているのと同時に高難易度のゲームに挑戦しているようなイメージです。

もちろん、全員がゲーム感覚で女性を口説いているわけではありません。

口説けそうで口説けない。

このような手に入りそうで入手できない、その微妙な難易度が男性の心を刺激します。

あからさまに難易度が高すぎると感じた場合は挑戦してこなくなります。

高難易度は挑戦しない

男性が美女を口説きにかかった場合、女性の反応が厳しすぎた場合は挑戦してくる男性はガクッと減ります。

話しかけた際に女性から

気持ち悪いので。話しかけないでください。

極端な例ですが、あまりにも痛烈な反応をされた場合、この女性のハードルはものすごく高く見えるため、「俺には口説けない」と思って、挑戦しません。

例えるなら、進撃の巨人で言えば、町を囲う大きな壁。

壁が高すぎるあまり、誰もその壁を超えようとは思わず(あるいは超える必要がない)に行動に移しません。

逆に、女性の反応が思わせぶりだった場合は男性は「お!いけるかも!」と解釈をして挑戦しやすくなります。

どんな男が高嶺の花を口説こうとするの?

美女のような、いわゆる高嶺の花を口説こうとする男性。

その共通点として達成水準が高いことが挙げられます。

人が目標を立てて行動する時は”主観的な”達成基準を設定すること。

つまり、高い目標に挑戦にする男性ほど、美女を口説き落とそうと挑戦しやすいのです。

逆に、常に達成水準が低い男性の場合は最初から「俺には無理だな」と感じて、挑戦しません。

誘いは一度は断ってみる

自分のタイプの男性から食事やデートに誘われた場合、すんなりYESと答えてしまう女性が多いかもしれません。

しかし、相手が達成水準の高い男性だと感じた場合、誘いを一度は断ってみるのも手段としてありです。

男性からの誘いに二つ返事でYESと返すことで男性は「口説きがいがない」と感じてしまいます。

RPGのボスと同じで、苦戦するからこそ倒しごたえがあるもの。

すんなり倒せてしまっては面白くありませんよね。

なぜ美女を落としたがるのか?

男性は美女を連れているとことで、自分の評価が高まることを知っています。

美女と一緒に歩きたい、一緒にいたい。

だからこそ美女を求めるのです。

男性ならイメージしやすいと思いますが、友達が彼女を連れてきた時には意識的か無意識的に関わらず、女性の顔の魅力度を測っています。

そして、自分の彼女よりも可愛いと感じた場合は劣等感や嫉妬感を覚えます。

また、美女を連れていると「この男性はすごい」と自然に周りからの評価も高まりやすいことが分かっています。

この、一点の良い部分が原因で他の部分が良い評価を受けることをハロー効果と呼ばれます。

男性は美女を連れていると高評価を受けやすい。