アルバイト

バイトの面接の到着は何分前?志望動機は口説き落とすのがコツ!?

アルバイトの面接を受ける際、緊張しますよね。

特に最初の場合は。

僕も始めてアルバイトをする時、若干ドキドキしていました。

「一体何を聞かれるのだろうか。」

「何分前に到着すれば合格するかな?」

など様々なことが頭をよぎっていました。

僕が、実際に合格をもらった時の方法をお伝えしていきます。

アルバイトの面接は何分前に到着するのがベスト?

アルバイトに応募をしたら、まずは会社もあなたの人柄を判断するために面接が行われます。

アルバイトの面接は主に2通りあります。

  1. 直接面接(来社が基本)
  2. スカイプ面接

直接面接

こちらは、基本の面接ですね。

ネットをあまり使っていない会社は来社をするようなイメージです。

接客業などをはじめとした対人関係の職種は基本的に来社となります。

来社面接の場合は、到着時間のベストは10分前が良いです。

15分前だと速すぎですし、5分前だともしかすると人によっては「ぎりぎりだな」と思われる可能性があります。

曖昧な表現になりますが、目安として速すぎずギリギリになりすぎずという感じですね。

緊張していると速く到着してしまうかもしれません。

面接官
面接官
(こいつ来るの速すぎだろ、アポの意味ないだろ)いらっしゃいませ~

という風にマイナス点から始まってしまうことがあるので要注意です。

スカイプ面接

スカイプのビデオ通話で面接を行う会社もあります。

私達としてはこっちのほうが楽なので助かりますよね。

オンラインのチャットサービスや、オンラインカウンセリングなどの業種はスカイプによる面接が行われることがあります。

こちらは到着時間とかはありませんので、5分前にスカイプを起動して準備しておけばOKです。

バイトの面接は約30分!

職種や会社、面接官などの様々な条件によって多少異なりますが、バイトの面接は大体30分が目安となります。

それ以上は、相手も仕事がありますし、それ以上聞くことがアリませんから。

むしろ、ダラダラと質問をしてくる場合は仕事ができない人の可能性があるので予め注意が必要です。

派遣アルバイト

派遣アルバイトの場合はまず、登録説明会に出席する必要があります。

こちらの場合は登録説明が約1時間~1時間30分ほどかかります。

普通のアルバイト面接に比べて長いので面倒に感じてしまうことが多いですね。

バイト面接の到着時間が速すぎても遅すぎてもダメな理由

バイトの面接時間に合わせて、10~5分前に到着するのがベストとお伝えしました。

遅すぎるとダメな理由は、当然時間が守れない人は「社会人としてなっとらん!」という最悪の印象を与えてしまいます。

また、せっかく面接の時間を確保してくれた相手にも失礼に当たるため遅刻は絶対にやめましょう。

速すぎてもダメな理由は相手の準備が完了していない可能性があるからです。

あなたも考えてみてほしいのですが、例えば午前11時に友達が遊びに来ると言っていたのに10時30分とかにきたら「おい、速すぎるだろ!準備できてないよ!」となりますよね。

到着時間が速すぎても遅すぎても、時間を約束した意味が失くなってしまうので注意しましょう。

面接で聞かれる志望動機!答え方のポイント

面接で当然聞かれるのが志望動機です。

なぜ、この会社を受けようと思ったのですか?

と必ず聞かれます。

「正直、何もない」という人もいるかも知れません。

ですが、正直に伝えると合格率は一気に下がります。

合格を勝ち取るためにもポイントを知っておきましょう。

その仕事を選んだ理由をとりあえず答える

実際に、僕が飲食店のバイト面接で答えたものです。

面接官
面接官
なぜ、今回飲食店に応募したのですか?

僕が選んだ本当の理由は給料が短期間だけ高かったからです。

ですが、そのまま伝えてもダメなので、こう答えました。

前はパソコンとずっと向かっている仕事をしていたのですが、人と接する仕事をしてみたいと思いました。また、接客を通してコミュニケーションスキルを高められると思ったからです。

もちろん、もっと良い答えがあるかもしれませんが、こんなふうにとりあえず理由を作っておけばよいです。

あからさまな嘘はダメですが、それっぽい理由ならなんとかなります。

とりあえず、お金が欲しくてたまたま見つけた求人がこれだったので応募しました

これはダメな例です。

告白する時を考えてみてください。

なんか、彼氏が欲しくて、たまたま見つけたのがあなただったから告白しました。とりあえず付き合ってください。

こんな事言われて付き合いますか?

まぁ彼女がいなかったら付き合う人もいると思いますが、基本は「何だこいつ?」となりますよね。

つまり、バイトの志望動機は告白でいう相手を好きになった理由を伝えるのと同じなのです!

面接官を口説き落とすつもりで志望動機を伝える

勤務時間シフトについて

シフトや勤務時間についての希望を聞かれます。

その場合は、忙しい職場や人が多い場合はなるべく多く出勤できる人が雇用される確率が高くなります。

ここも、具体的に伝えることで面接官にきちんと考えている人だとアピールできます。

テイカーな面接官の場合は、テキトウに答えると「こいつはこき使えそう」と思われて、あなたの身体がボロボロになるようなシフトが組まれるので要注意です。

前の仕事(バイト)をやめた理由

コレも聞かれることがあるのであらかじめ考えておきましょう。

やめた理由は本当のことを伝えるのもアリです。

ただし、一つポイントがあって前向きに理由を伝えることです。

ネガティブな表現が入ると、面接官が無意識のうちにあなたをネガティブな視点で観てしまう可能性があり、その後に良い表現をしてもプラスに評価されないことがあります。

前の職場では裏方を担当していたのですが、もっと前にでて人とか変わっていきたいと思って職種を変えることにしました!

などのようにポジティブに伝えるのが良いです。

あなたの長所は?

これは日本人なら答えづらい質問トップではないでしょうか?

長所を聞かれた場合になんて答えたら良いのかわからない。「自分には良いところがないのでは?」などネガティブ思考になる人もいるかも知れません。

しかし、良いところがない人は一人もいません。

その場でどうしても思いつかない場合はコレまでの経験の中で頑張ってきたことを伝え、それでその仕事にどう活かせるのかを伝えましょう。

ずっとスポーツをやってきました。その中で人間関係の難しさを学びました。その経験をこの職場で活かして、円満な人間関係で仕事ができます。
手芸が趣味です。そのため、細かい作業もすばやく丁寧に行なえます。

長所を答える時のポイントは、長所がその仕事でどう活きていくのかを伝えることです。

メリットを提示することで面接官が「雇う価値がある!」と判断してくれやすくなります。

とりあえず、自分を売り込むのが良い!

アルバイトの面接は緊張する場面なので上手に言葉が出てこないかもしれません。

あらかじめ、何を伝えるべきかを知っておけば、対応することができますよね。

面接は質問に率直に答えるのもそうですが、あなたを雇用するメリットを提示するのがベストです。

「一生懸命がんばります!」学生なら良いかもしれませんが、倍率が高い職種でアルバイトをする際は少しでも合格率を高めるために、自分を売り込みましょう。