映画

映画【A.I.】の感想:ハッピーエンドに見せたバッドエンドだった件

スティーブン・スピルバーグ監督が制作した映画「AI」。

SF映画が好きな人ならきっと好きになる映画。

映画を観終わったの心境を表すならば「切ないけれど、ほっこりする不思議な映画」でした。

人間型のロボットが多数出てきたり、宇宙人が出てきたりとSF感が強いですが、「自分自身とはなにか?」を考えさせられる映画でした。

更には、愛や恋がどれだけ人生を狂わせる威力を持っているのかが改めて感じられました。

U-NEXTで無料で観る!

※U-NEXTは31日間は無料トライアル実施中です

A.I.はママの愛を求める子の物語

A.I.の内容を簡単にいうと、子供ロボットがママの愛を探し求める姿を描いた作品です。

この世界線では地球は温暖化によって海水面が上昇したことで、土地に制限がかかったため、無闇に人口が増やせないので、子供の妊娠や出産には許可が必要。

そこで、問題解決として生み出されたのが子供の代用ロボットです。

本作品の主人公はその子供代用ロボットのデイビッド。

デイビッドが訪れたのはモニカとヘンリー夫婦の家庭。

二人の間にはマーティンという不治の病を患った子供がいて、冷凍睡眠をしていたため夫のヘンリーがデイビッドを家へ招き入れました。

最初は戸惑う、モニカでしたが次第にデイビッドに心を開いていきます。

マーティン復活

モニカとデイビッドの仲が少しずつ深まっていたある日、不治の病を患っていたマーティンが回復。

当然、メカのデイビッドと人間で実の息子であるマーティンを比べると、母のモニカはマーティンを愛します。

マーティンが戻ったことでデイビッドは邪魔者という立場になってしまうのでした。

デイビッドは何とかしてモニカの愛をもらおうと必死になるのですが、全て空回り。

ある時、マーティンを危険な目に合わせてしまい、それが原因となりモニカはデイビッドを捨てる決意をしたのでした。

このとき、愛をもらおうと必死になっていたデイビッドと実の息子であるマーティンはお互いに嫉妬をしていたため、盲目的な行動に出ていました。

デイビッドは愛されているマーティンが羨ましく、マーティンは自分の代用として迎え入れられたデイビッドの事が面白くなかったのです。

モニカがマーティンを捨てる

モニカは実の息子であるマーティンが命の危険にさらされたことで、「明日の朝、二人でお出かけをしましょう」とかたったモニカ。

大喜びのデイビッド。

このときは、「やっと自分を愛してくれた」と勘違いをしていました。

るんるん気分でモニカと一緒に森までおでかけ。

そこでモニカから信じられない一言が。

モニカ
モニカ
あなたはここに一人で残るのよ

自分がいけないことをしたから捨てられると感じたデイビッドは「嫌だ、言うことを聞くから捨てないで!」と必死に懇願しますが、モニカはデイビッドを捨てていくのでした。

捨てられたときはデイビッドが持ってきたクマのスーパーロボットのテディがいました。

このときのモニカの気持ちを考えると胸が張り裂けそうでした。ロボットとはいえ、自分の息子を森へ捨てるのですから。

もう一度愛されるために

森の中へ捨てられたデイビッドはもう一度モニカから愛されるために、人間になろうと決意しました。

「自分はロボットだから捨てられた、だから人間になればママは自分の事を愛してくれる」と考えたのです。

ある時、読み聞かせてもらったピノキオの物語を信じたデイビッド。

デイビッドはブルーフェアリーに会えば自分は人間になれると思ったのです。

森の中で出会ったロボットのジョーと共に、母親を探す手がかりを探すことになりました。

愛の呪縛から逃れられない

A.I.の結論を先に書いてしまうと、最後は地球が氷河期を迎えて人類が滅亡してしまいます。

人類滅亡から2000年後の地球では、より発達した未来ロボットたちがいました。

未来ロボットはたまたま目を冷ましたデイビッドから記憶を読み取り人類がどのような生態だったのかを知ります。

そんな未来ロボットたちのいる世界ではクローン技術が発達していて、DNAがあれば、その人物を蘇らせることが可能になっていたのです。

しかし、再生されたクローンの寿命はたったの1日。

さらに、一度蘇らせれば、もう二度と生きかせらせることができないのです。

宇宙時間を消費するから」のような難しい理由でした。

デイビッドと行動を共にしていたテディは母親の髪の毛を持っており、その髪の毛を元にデイビッドの母親をクローン複製で蘇らせます。

デイビッドとモニカ、二人だけの世界。

幸せな夢の中でデイビッドは母親と共に長くも短い1日を過ごします。

そして、最後はモニカと共にデイビッドは眠りへ落ちるのでした。

モニカの呪い

一見すると、デイビッドは母親と幸せに眠れるようになったハッピーエンドの映画。

しかし、デイビッドはモニカという人物に縛られて生涯を費やす、残酷な映画にも感じました。

かつて、モニカがデイビッドに愛のインプットをしてモニカに愛を注ぐようにしたのが原因です。

それ故に、デイビッドの人生はモニカ一色。

一度、モニカに捨てられたにも関わらず永遠とモニカの事を想い続けています。

これは良さそうに見えますが、現実で考えたら末恐ろしいことです。

例えば、あなたが昔に別れた恋人が一生あなたのことを忘れずにつきまとってくるようなものです。

自分に対して一生愛を注いでくれるのは嬉しい反面、場合によっては恐怖です。

特に、モニカは自分の実の息子であるマーティンのほうが可愛いく、守るためにデイビッドを捨てました。

つまり、恋人が自分意外の異性を選んで、捨てられたのにずっと忘れられずにつきまとっているのです。

なので、デイビッドの人生の教訓は恋は盲目です。

メンヘラにならないために

映画A.I.を観て僕が感じたらデイビッドのように一人の異性を愛し続けるのは素敵である一方で、人生を破滅させる恐れがある危険なものだと言うことです。

デイビッドは恋は盲目状態となって「一人の異性が自分の人生の絶対だ!」ばりに、つきまとっています。

相手から捨てられたら潔く諦めて、次の人を探すほうが良いかなと個人的には想います。

とはいえ、A.I.の場合は母親と息子という親子関係ですから、パートナー関係とは別軸かもしれませんが、あくまで異性関係に当てはめた場合の話ですが。

U-NEXTで無料で観る!

U-NEXTは31日間は無料トライアル実施中です

※2020年2月時点での配信状況です。最新情報は公式サイトをご確認ください。