バイアス

違う提案がよく見えてしまう【コントラストの原理】に騙されていませんか?

2番目の提案がよく見えてしまう【コントラストの原理】に騙されていませんか?

あなたが何か物事を判断するときには比較しますよね。

「これってどう思う?」とだけ、言われたとしても判断がしづらいもの。

しかし、「AとBならどっちがいい?」と質問された場合は比較してどちらが良い提案なのかが判断しやすくなります。

 

ただ、比較をするときに気をつけなければならないのが、2番目に提案されたもののほうがよく見えてしまう心理現象があります。

それがコントラストの原理。

あなたも、比較検討するときにコントラストの原理に騙されていないかを確認してみてください。

コントラストの原理とは?

コントラストの原理とは、順番に提示された場合、2番目に提示されたものが最初に提示されたものと大きく異なっていた場合は、その差異がより大きく感じてしまう現象です。

これは、よく例えとして使われているのが最初に軽いものを持ち上げて、その後に最初よりも重たいものを持ち上げることで「とても軽く感じる」錯覚のことです。

 

重量だけではなくて、見た目や値段など日常生活の様々なところでコントラストの原理は働いています。

買い物で言えば、1万円のものを買った後であれば5000円のものがいつもよりも安く感じてしまい、ついつい買ってしまいやすくなります。

その他でいうと、魅力的なものを見た後にブサイクなものをみると、いつも異常にブサイクに見えてしまう。

こういった、絶対評価ではなくて相対評価をするのがコントラストの原理です。

一緒にいる人

  • すごくイケメンな人とお世辞にもかっこいいとは言えない人
  • すごく可愛い人とお世辞にも可愛いとは言えない人

こういった組み合わせの人たちを見かけることがあると思います。

その時、外見的魅力度が高い人は普段以上に魅力的に見えてしまいます。

これもコントラストの原理による反応です。

引き立て役とも呼ばれたりする人と一緒にいる人、自覚した上でやっていたら賢いですが、性格に難がありそうですよね。

もちろん、「自分をよく見せたい」という理由だけで一緒にいるわけではないとおもいますが、それは一旦置いときます。

コントラストの原理を防ぐ

コントラストの原理は非常に厄介なもので、何も考えずにいるとすぐに影響を受けてしまいます。

あなたの身の回りにはコントラストの原理が溢れかえっているため、誰かと接する時やモノを見る時にはコントラストの原理があることを忘れないようにしましょう。

合コンでもコントラストの原理が発動する

コントラストの原理は合コンでも発動します。

上手に使えれば合コンで女性に好印象を与えることが可能です。

コントラストの原理は相対的に物事を評価する傾向のこと。

 

合コンで女性の注目を集めるためには、”あなたが一番魅力的に見えること”が重要。

そこで大切なのは、一緒にいくメンバーです。

あなたより、魅力度が低いと感じられる人物と一緒に合コンへ行くことで、女性からはあなたがより魅力的に見えやすくなります。

あくまで、見た目=魅力度とした上での話ですのであしからず。

逆の立場を考えてみるとわかりやすいですが、合コンへ行く際にジャニーズにいるようなイケメンたちと一緒に行けば、大抵の場合はあなたが”フツメン”に見えてしまうことでしょう。

衝動買いにも気をつけて

何かを買うときにもコントラストの原理に気をつけたほうが良いです。

特に気をつけなければいけないのが、セール。

あなたがダイエット商品の購入に迷ったときを想定します。

飲むだけで痩せる魔法のドリンクこれでもう運動いらずの体へ。
9800円でお買い上げいただけます。

9800円だったら、少し悩む人も多いのではないでしょうか?

しかし、これがセールになっていたとしたらどうでしょう。

飲むだけで痩せる魔法のドリンクこれでもう運動いらずの体へ。
通常価格9800円のところ今なら、4980円でお買い上げいただけます。

これをみると、4980円がすごく安く感じるのではないでしょうか?

ほぼ半額だから当たり前でしょ!

と思われるかもしれません。

では以下の文をみてください。

飲むだけで痩せる魔法のドリンクこれでもう運動いらずの体へ。
4980円でお買い上げいただけます。

これだけだと、「5000円か。どうしよ」と悩んでしまうのでは?

最初に提示された9800円という金額があるからこそ4980円がとても安く感じるだけなのです。

何もない状態だと4980円も渋る金額だったのに対し9800円と提示された後に4980円と提示されると、安く感じてしまいます。

セールをする時、売る側はこの心理傾向を感覚的にも把握しているので、あまりにもおかしなセール価格などには十分に注意してくださいね。

特にネットショッピング系のサイトでは煽るようなセールスが多いので特にご注意ください。